虐待を受けて死んだ猫たちと、迎える動物の神様

🌼

ボクたちは生まれて来ちゃいけなかったんだね

だから、こんな事されたんだね

ボクたちはきっと悪魔なんだね

だからあの人、ボクたちを焼いたんだよね

ボクたち・・・悪魔だから

生まれてこなけりゃよかったんだ

そうしたら、あんな痛いことされなかったんだ

 

ねぇ、神様、教えて

ボクたち悪い子だったの?

🌻

 

傷ついた子達へ

🌈

ひとつ、あなたたちに聞きたいことがあります。

人間は、きらいですか?

もう、人間に会いたくないですか?

 

🌸

もういやだよ、ボク

ボクも、怖いからイヤだ。

🌈

そうですか。

では、もうひとつ聞きますよ。

一度も楽しい事や嬉しい事は、なかったのですか?

・・・・あった・・

僕たちも・・・・あった・・・

 

🌈

どんなことでしたか?

🌷

ごはんをくれた、おいしかった

あたまをなでてくれた・・

抱っこしてくれた

かわいいねぇって言ってくれた・・

・・・ぼく、車に轢かれそうになった時

車を止めて、早く行きなさいって言ってくれた・・・

 

🌈

そうですか・・

優しい人間に会えてたのですね。

では、もう一度生まれ変われたら

出会った優しい人たちと会ってみたいですか?

 

🌺

・・・うん・・やさしい人なら会ってみたい

ボクも、抱っこしてくれた人に会ってみたい

🌈

それは、どうしてですか?

🌷

すごく温かかったんだ

 

🌈

そうですか、温かかったのですか・・

それは、嬉しかったですね。

🌈

あたたたちの受けた辛い事は

あなたたちのせいではありません。

あなたたちは、悪魔でも、悪い子でもありません。

悪魔も悪いのも、あなたたちを苦しめた人です。

生まれてはいけなかったなんて事は絶対にありませんよ。

あなたたちはなにも悪くはないのですから。

 

悪い事をすれば、必ず報いが訪れます。

それは、悪い人と同じ形をした、

でも、全く違うこころを持った、

やさしくて、勇気のある人たちが

きっとあなたたちの事を忘れずにいてくれて、

もう、仲間が苦しまないようにと、罰を与え、守る努力をしてくれます。

🌈

今、優しい人に囲まれて、温かい気持ちに包まれている

あなたたちの仲間が、たくさんいます。

いつの日か

必ず

あなたたちもあの子達のように

優しい人の手に

温かく包まれる日が訪れます

苦しかった分、しあわせにならなければいけないのです。

辛く苦しい思いをしてきましたね・・・

やがて訪れる

その日まで

 

いらっしゃい

みんな、ここへ

🌸

あっ、あったかい・・

神様の手は、あったかいね!大きいね!

ねぇ、神様、もっとお話しして

優しい人って、こんな風にあったかいの?

・・・こんな風に・・やわらかいの?・・

・・・こんな風に・・・

なんか、きもちよくて

眠くなってきたよ・・

 

 

🌈

ゆっくり

おやすみなさい・・

🐈

norikoさん
こんにちは。norikoです。

虐待に遭った猫たちと、動物の神様のお話でした。

やさしくて大きな温かい手。

傷つきボロボロになってしまった子達の体とこころを、包み込んでくれました。

🐈

人間たちのやるべきことは、不幸な子を増やさない事

元々の発端は無責任な飼い方をする人間にあると思います。

虐待魔に遭ってしまうのは、そんな人間たちが手放した結果ではないでしょうか。

 

🐈

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。