雲 【僕の形】

今日も僕は空を見ている

あの雲 犬に似てる

犬のような雲

「あー今 犬が天国へ行ったんだなぁ」

と思った

「しあわせだったかな」

大きな雲の塊が

ゆっくりと流れてゆく

やがて形を変えて

今度は猫の顔みたいになった

尻尾もある

猫のように見える

「あ、猫が天国へ行ったんだ・・」

と思った

「しあわせだったのか?」

窓から見える空は

四角くて

動く絵本のようだ

雨の日は誰かが泣いている

風が窓をたたく日は

きっと誰かが怒ってる

って思うんだ

そしてまた

雲が動く空

空は青くなって

白い雲が

鳥に見えたり

 馬や 蛇に見えたりする

「あーまた動物たちが天国へ行った」

って思う

もうすぐ僕もあの空の中に行くだろう

雲は僕を迎えてくれるだろうか

形を変えても僕だと解るように

風は流れてくれるだろうか

四角い空

小さな窓から誰かが

見ていてくれるだろうか

もしも雲がこんな形をしていたら

きっとそれは 

僕だ

手のひらのような雲

バイバイの手のひら

ABOUTこの記事をかいた人

猫のいる風景が大好きなnorikoです。 猫大好きですが現在はみんな天国へ逝ってしまったのでぬいぐるみの猫ちゃん達と暮らしています。