ねこの気持ちを表現【しっぽの動き方とその意味】

noriko
noriko

こんにちはnorikoです

猫ちゃんには気持ちを表現する方法として

  • 鳴き方
  • 耳の方向
  • ヒゲの動き
  • 尻尾の動き


があります。

それぞれ動きや向きなどでねこちゃんの気持ちを量ります。

そんな中で今回はねこのしっぽの動き方

今この子は何を言いたいのかな? 

今どんな気持ちなのかなぁ? 

飼い主である自分はどうすべきなのかなぁ?

 という事を見ていきたいと思います。

しっぽの動き方とその意味

ねこって寝ている時も遊んでいる時も、のんびりしている時も走り回っている時もしっぽが「ものを言ってる」んですよね。


目は口ほどにモノを言う・・ねこはしっぽがモノを言うってところでしょうか。


そのねこちゃんが発している気持ちを知ることが飼い主さんとねこちゃんの信頼関係を築き、またそれは、楽しく暮らしていくための大事な理解だと思います。

対照的な尻尾

しっぽがピンと立っている時

ねこが嬉しい時です。

しっぽを立てて小刻みに震えている時

猫ちゃんのピンと立ったしっぽがブルブルブルブルッブルブルブルブルッと動いている状態の時は、飼い主さんを大好きだよって思っている時です。

しっぽが下を向いている時

ダラ~ンと下がっている時は元気が無い状態です。

飼い主さんに叱られたり、体に何かが起きているのかもしれません。


そんなしっぽを見た時は具合が悪いのかもしれないので注意してあげてね。

しっぽの毛が逆立っている時

攻撃態勢に入っている状態です。


「ボクは強いんだぞ!」と威嚇している時と、逆に怖い・ものすごくびっくりした!という時にも、ねこはしっぽの毛が逆立ちます。

しっぽが体に巻き付いている時

クルンときれいに巻き付いているしっぽは、甘えたい時です。

しっぽが足の間に挟まっている時

これは弱気になっていますね。


「ボクは君より弱いです・・お願いだからそっとしておいてね・・」
って感じでしょうか。

しっぽを立てて大きく横に振る時

獲物を見つけた時などに「ボクは強いぞ!」「どうだ!」って気持ちを表しています。

座っていてしっぽを上下に動かすとき

しっぽをゆっくり上下にパタン・・・パタン・・・パタンと動かしている時は「何しようかなぁ・・」「何かたべたいなぁ」「どうしようかなぁ」って感じで考え事をしているんですね。

座った状態でしっぽを左右に大きく振っている時

これも同じように考え中の時ですね。


しっぽが床を掃くように左右に動きます。リラックスしていますね。

しっぽが左右にバタバタと動いている時

これはイライラ状態ですね。


不機嫌な時です。


人間に例えたら、貧乏ゆすりをしているような感じかな・・舌打ちもしてるような感じでしょうか。


ですから、この状態を見た時は構わないのが一番ですね。

しっぽの先だけをササッ、ササッと動かす時

何か興味をひくものを見つけたのかもしれません。


「ん? なんだあれは?」パサパサ 「どうしようかな・・」ササッ。


というイメージです。考えながら心は何かに奪われている状態ですね。

立ってしっぽ下げたままを大きく動かしている時

なにかを見つけたのでしょう。


すごく興味をひかれている状態ですが、すぐに「よしっ、行こう!」というほどではないようです。


気になってしかたない。と立ち上がって興味ある方を向きながら、しっぽを左右に大きく振ります。


なんだろなぁなんだろうなぁ、気になるぞ、すごく気になるぞぉって感じかな

抱っこされながらもしっぽはお腹にくっついている時

これは、ねこちゃんにとって緊張している状態ですね。


猫に慣れていない人が恐る恐る抱っこしていたりすると、よくこんな風になっているねこちゃんいますよ。


リラックスしてない状態ですね。


「なんか、落ち着かないなぁこの人」「なんか、イヤだなぁ、早く下りたいなぁ」って思っているのかもしれませんね。


こんな空気を感じたら、静かに下ろしてあげるといいですね。

抱っこしていてしっぽがダランと下がっている時

これは反対にリラックスしていますね。


安心して甘えている状態です。


こんな時はしっぽを振って喜んでいたりもしますよ。

寝ている時に動かすしっぽ

寝ている時に声をかけるとチョチョっとしっぽの先を動かしたりします。


この時はこれは呼ばれたので一応応えておくかという気持ちです。


あまり、しつこく「○○ちゃん、○○ちゃんってば」っという風に呼ぶと少し大きく強めにしっぽをバタンバタン!と振ります。


「うるさいなぁ、めんどくさいなぁ」って感じでの応え方ですね。


でも、目は開けず顔もあげません。


寝たふりしますよ(笑)
これ以上は呼ばずにそっとしておきましょうね。

ねこのしっぽの動きは

『大きく動かすときは』 嬉しい時・リラックスしている時・気持ちが安定している時など、ポジティブな状態です。

『小さい動きの時』  落ち着かない・ストレス感じてる・イライラしている・不安を感じている時など、ネガティブな状態です。

まとめ

しっぽの動きにもいろいろな意味がありますね。


言葉を話せない分、体をたくさん使って自分の気持ちを表しているのですね。

ねこちゃんってどんな時でも、表現は一途です。


鳴く時も、しっぽを振る時も、真っ直ぐで、飼い主さんがその意味を解ることでよりきずなが強くなって、猫ちゃんが安心できる「人」であることに繋がるのだと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


記事中一部「SWEETCAT  ささねっと」さんを参考にさせていただきました。

http://ww3.tiki.ne.jp/~nsasax/pet/feeling/tail.html です。

画像は「かわいいフリー素材集 いらすとや」さんのイラストです。


ABOUTこの記事をかいた人

猫のいる風景が大好きなnorikoです。 猫大好きですが現在はみんな天国へ逝ってしまったのでぬいぐるみの猫ちゃん達と暮らしています。