人間の欲望が生んだ動物たちの悲劇 その叫び

こんにちは。norikoです。

今日私は、ある動画を見てしまいました。

見てしまった・・というのは、辛すぎるからです。

見なければよかったと本気で思いました。

Twitterでの動画でしたが、英文だったのでちゃんと読まずに動画を開いてしまいました。

そこで行われていた行為をすぐには理解できずに、なんだろうという気持ちでもう一度、確認したのです。

そして、ようやく私はそれがなんの現場なのか分かりました。

 

脚を縛られて、自由を奪われて、そして、人間の手によって、その毛をむしり取られている、白いウサギの姿でした。
どんどん、皮膚が大きく広がっていく、その無造作な人間の手にウサギの毛が絡まっていくのです!

こころの底から泣き叫ぶウサギの声が、今でも耳を離れません。

私は体の底から湧き出る怒りで、震えてきました。

どうしようもなく、怒りがこみ上げできました。

やめてと叫ぶよりも、恐ろしさと、平然とその手を止めずにやり続ける人に強い怒りだけ感じました。

 

やりきれない気持ちが広がりました。

知らなければよかった、見なければよかったと思ったのも本当です。

あまりにも辛すぎで、現実とは思いたくなかった。

 

私は、その後、外へ行きました。

そんな状態の時でも出かけなければならないのが、救いなのか、なんなのか分からず、家を出ました。

歩きながらも気持ちが重くて、あの鳴き声があまりにも辛くて、どうしていいのか分かりませんでした。

こんなに足取りが重いという経験は・・あっただろうか・・そんな事思いながらいました。

 

用事が済んで家に戻ったら、家の猫のゆうちゃんが座っている私の膝の上に乗ってきました。

私は、頭をなでて、背中をなでて、ゆうちゃんの好きな顔をなでて、そして、抱きしめました。

小さくて、やわらかくて、あったかい。

涙があふれてきた・・

涙が止まらなかった・・

動画のあの子が、かわいそうでしかたなかった。

本当にかわいそうで、かわいそうで、しかたなかった。

なぜ、あんな目に遭わなければならないのか、怒りと共に哀れでならなかった。

 

人間の欲望が生んだ、間違いのない犠牲。

毛皮を身に付ける人には、一度あの画像を見せるべきだと思った。

それでも、あなたは毛皮がほしいですかと問いたい。

 

この地球で生きているのは、人間だけですか?

生きていていいのは、人間だけなのですか?

動物たちの泣き叫ぶ声、痛み、苦しみはなんの意味もないのですか?

 

私は、最初に見なければよかったと言いました。

それは辛すぎて、受け入れる強さがなかった。

それを抱えるにはあまりにも辛すぎた。

 

でもこれは、現実に起きている事には間違いのない事実です。

どんなに目を伏せても、耳を塞いでも、行われているのは事実なのです。

 

やはり、人間が始めた事は、人間が終わらせなければならない。

人間の自由に命を扱うなど、やってはいけない事なんだとまた気持ちを新たに感じました。

 

見ないで済むならその方がいいのでしょうか?

知らなければそれで、いいのでしょうか。

答えは、わかりません。

 

でも、私は、あの子の鳴き声を忘れられない。

あんなに辛そうな鳴き声を、忘れられない。

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。